藤原 節男 / Setsuo Fujiwara #5

藤原:はい、それでは最後に言いたかったことということで、お話させて頂きます。結局ねアメリカではねホイッスルブロワーと言うんですよ、攻撃通報者、内部告発をしてる人。ホイッスルブロワーというのはね、ホイッスルのというのは警笛でしょ?ブロワーっていうのは吹く人。で、結局サッカーとかで審判がホイッスルをブローするでしょ?ピピっと。それで警笛を、要するに審判役の人をホイッスルブロワーというわけですね。それを内部告発者、攻撃通報者にあてはめて、それでアメリカではねホイッスルブロワーっていうのは英雄、ヒーローにあるわけなんですよ。ホイッスルブロワーが主役の映画もできてるわけですよ。で、私はホイッスルブロワーでありながらヒーローにはなってないと。日本でも攻撃通報者をヒーローにするような世の中にしたい。というのが私の最後の願い。


Fujiwara: Lastly, I will be talking about what I want to say the most. In america, there exists the term whistle blower. A whistle is a whistle right? And a blower is someone that blows it. In soccer, theres someone that blows the whistle right? There’s always a referee that blows the whistle. In America, this whistle blower is considered justice and a hero. There are even movies with whistle blowers as the main characters. I am a whistle blower, but I am still not a hero. I want to make Japan into a country where the whistle blowers are the hero. This is my final wish.