岩本 慎三郎 / Shinzaburo Iwamoto #5

岩本:それからその、彼女がちょっと言ってた、病気。放射能によるがん。甲状腺がんをはじめとする。甲状腺がんだけじゃないけどね。やっぱり免疫力が弱るんだって。だからね、言われてることは要するにその因果関係を細胞的(?)に特定するのは難しいらしいんだよ。だけど統計的にみたらやっぱり放射能の影響でこれだけの病気がこれだけ増えたとかね、そういうのはチェルノブイリもね四、五年後から本格的に病気が増え始めたって。まだ福島は三年ちょっとしか経ってないわけでさ。三年数か月、半、以上経ったのか。要するにこれからなんですよ。だからチェルノブイリについての報告した本のタイトルは「終わりなき惨劇」っていう本があるけどさ、それは福島版「終わりなき惨劇」がまさに始まろうとしてる。しかしそれは絶対に伝えない。ね。なんで伝えないかっていうとさ、みんな福島から出てっちゃうから。だからまああの直後の、「直ちに影響はありません」っていうのと一緒だけどパニックを起こしちゃまずいっていう、よく言えばね。それでその行政も、除染して帰村するということをどこでもやってますよ。まあそうじゃないところも比較的町長さん次第ではそうじゃないところもあるけれど、大半のところは「除染して帰村してもとの町を取り戻すんだ」って。これはかっこいいし、実際ふるさとだからみんなそうしたいと願ってる。だけどそれに乗じて、もう大丈夫だ、安全だ、新たな安全安心神話を作ってさ。でそれをその行政がやってるわけじゃなくって例えば学校なんかがやるわけ。学校なんかが、子供が一番影響を受けるわけでしょ放射能の、それを率先して校庭で遊ばせるプールで遊ばせる。「ほら、こんなに安全なんだ」と。いうのを、新しい安全神話のダシに子供を使うみたいなさ。それからもっと、一番ひどいのは医者だよね、医者。これはまあ福島医大っていうところを頂点にしてさ。その鼻血が出ようがなにしようがそれは放射能とは関係ないんだと。それは別の原因ですよってことで、絶対放射能の影響でなんか健康に障害が出てるっていうようなことは、あの、これはまあ福島医大に山下シュンイチっていう医者っていうか、長崎から来た人がいるんだけど、この人はもうその『笑っている人には放射能は怖くないんだ」っていうことを言ったんで有名なんだけれど、あの、くよくよするから健康に影響が出るんだと。笑って生きていれば放射能は怖くないんだっていうようなことを言った人だけれどそう。まあそういうひとたちを先頭に、医者が率先して新しい安全神話の旗振り役になってる。だから寄ってたかって福島を忘れさせようっていうさ、ことをあらゆる方向からやってるってことですよね。


Iwamoto: So, like she said, the sick or cancer related to radiation, including thyroid cancer. It weakens immune strength. But it is said to be difficult to identify whether its causality. But strastically radiation-related sick is increasing. In case of Chernobyl, sick started to increase 4 or 5 years after the accident. In case of Fukushima disater, it’s still 3 years. So I mean it is just “not yet”. There is a book reporting Chernobyl, titled “endless disaster”, but now its Fukushima version is about to start. But they never tell. That is because people would go out of Fukushima if they are told. The information “no immediate effect” right after the nuclear accident was also for the same reason, not to panic people, if I put it in a nice way. And every local government is aiming to get their citizens back in town by doing decontamination. Some villeges are not like that depending on the mayor, but most of local governments are like “decontaminate it and get our villege back!”. This sounds cool and people are in fact hope to do so because it’s where they have been growing up. But, there’s the myth of safety behind the movement. It’s not the local government but the schools that are spreading it. Children at school are most affected by radiation, but the schools let children play in the swimming pool to show “see, this is how safe it is.” Children are used to spread the myth of safety. And the doctors are the worst, Fukushima Medical University at the top. According to them, radiation is nothing to do with those symptoms recently reported such as nose bleeding. They say it’s a different problem, there’s no health problem due to the radiation. And the doctor in Fukushima Medical University Shunichi Yamashita, who is from Nagasaki, is famous for his remark “Radiation is not a threat to those who live happily”. He insists that it’s your anxiety that causes health problem. If you like smiling, radiation is not to afraid of. So those kind of people are leading the new myth of safety. They are trying to make us forget about Fukushima by various approaches.