ママの会の構造

投稿日:

Structure of Mothers Against War

ママの会は、これまで日本で生まれてきた社会運動団体とは一線を画す、非常にユニークな構造を持っています。参加者が強い思いと共通の問題意識を持っている一方で、会そのものは非常に流動的で開放的なのです。インタビューで頻出するキーワードに、「ゆるい」というものがあるのが、象徴とも言えます。大きな注目を集める活発な団体でありながら、参加者の会への帰属意識は希薄で、「所属」という言葉すら使わない人が多いのです。
参加する条件はただひとつ。「だれの子どももころさせない」という理念に賛同すること。ママの会と銘打ってはいますが、あらゆる年代・性別・国籍、既婚/未婚、そして子どもを持たない人…万人にその門戸は開かれています。そして、参加するもっとも簡単な方法はママの会の公式Facebookに「いいね!」を押すこと。ページ上では、基本的に参加者の誰でも企画を立ち上げることができます。どんなイベントに行ってもいいし、忙しければ行かなくてもいい。活動内容は参加者の裁量に委ねられているのです。また、最近では、SNSを使わない方々が地元でのイベント等をきっかけに会に参加される事例も増えているそうです。
2015年7月の会立ち上げに携わったメンバーは便宜上事務局という位置づけですが、それぞれの地域で活動する支部との関係はトップダウン的ではありません。また、議員との懇親会なども度々催されていますが、会として特定の支持政党は掲げず、参加者個人個人の政治的意見を尊重しています。
学生のフットワークの軽さで新しい組織のあり方を示したのがSEALDsならば、子育てに励むママのフレキシビリティが最大限に発揮されているのがママの会だと言えるでしょう。

Mothers Against War is different from any other groups of the past social movements and its structure is quite unique.  While the participants have the strong opinions and share the sense of crisis, the group itself is in flux and open. One of the most frequent key terms which appeared in our interviews was “loose”. Although we are talking about a group whose lively activity gathers attention, the sense of belonging of its members is limited, as some of our narrators did not even use words as “affiliation” or “belonging”. There is only one condition for joining: agreeing with the slogan “Let no one’s child be killed”. No matter how different the members are –age, gender, nationality, marital status, parents or not; they are one thanks to this motto. The easiest way to join is just clicking the “Like” button in the Facebook public page. Using this page basically all the members can establish any plan or choose at what event they are going: the members are given free hand in choosing what events join or what plan they launch. Moreover, many of the members who do not use SNS are joining thanks to the local events this group organizes. The members who first established this group in July 2015 have formed an Executive Office but they do not have a top-down relationship with the members of other localities and branches. Besides, also they have social encounters with some of the members of the Diet they do not support any particular party as a group and the political opinions of every member are respected. If SEALDs taught us about the dynamism of the student generations, we can state that Mothers Against War tells us about the flexibility of the nowadays’ mother generation.

st_01「だれのこどももころさせない」っていう、本当にそれだけ

インタビュー:Nさん(2015年11月4日実施)
***この動画には、ご本人の意向により、インタビュー時同席していたお子様のプライバシーを守るための編集が施されています*** ***This clip is edited by the narrator's request to protect the privacy of the children***
Nさんは、地元の@神奈川や@国会前など、複数のママの会で活動をしている二児の母です。 もともとは政治にはあまり興味を持っていませんでしたが、出産と海外生活を経て、日本が瀕している問題に大きな危機意識を持つようになったといいます。 穏やかで笑顔の優しいNさんは、会のほかのメンバーからも厚い信頼を寄せられています。 これは、記念すべき私たちの第一回目のインタビューで、ママの会のスローガンに強く共感したというNさんに、会の構造について聞きました。
N San is a member of Mothers Against War@Kanagawa, @Kokkaimae (in front of the National Diet) and others. She has two children. Originally she was not very interested in the politics but after giving birth to the children and living overseas, she started to think Japan is in danger. N san is calm and always smiles warmly so she is very much trusted by the other members. This interview is our memorable first one and we asked about the group's structure. N san shared her sympathy with the slogan of Mothers Agains War.

st_02その人の力に応じた事をやりましょうって

インタビュー:Hさん(2015年12月12日実施)
Hさんはママの会の事務局の一員で、設立当時からママの会に携わっています。また、@東京の運営チームとしても活躍されていますが、二人の子どもを持つ母でもあります。短期大学で平和活動の団体に所属したり、海外に行ったりした経験から、日本社会の置かれた状況に対する懸念がどんどんと深まったと言います。Hさんは、平等という言葉の本質を指摘しながら、一人ひとりが動くことの大切さを語っています。
H san is one of the members of the MAW's Executive Office (事務局) who got involved with the group since its foundation. She is also working in the management team (運営) of Mothers Against War@Tokyo. More than that, she is a mother of two children. After joining some peace activities in the community college and going overseas, her worries about of Japan's social situation become more and more serious, so she continues such activities. She pointed out the true nature of the word, "equal" and talked abou the inmportance of individuals.

st_03遠方まで参加できないママたちが多いから、地域の中でさあ始めよう

インタビュー:Sさん(2016年1月20日実施)
Sさんは、出身地である四国で9条の会に携わるなど、以前から政治的関心が非常に高かったそうです。 ママの会には賛同していたものの、もっとも規模の大きい@横浜に行きづらいことから、地元近くで立ち上がった支部での活動に参加していました。 なお、Sさんは2016年4月現在すでにママの会を離れ、別の団体を主な拠点としていますが、今回の動画の利用についてはご快諾をいただきました。
S san was a member of the "Article 9 Club" back in her hometown in Shikoku; her political awareness was very high since she was young. Although she wanted to join Mothers Against War@Yokohana she found it difficult because of the distance, therefore she decided establishing a branch of Mothers Against War in her hometown in Yamato too.  S san currently no longer a member of Mothers Against War, as being busy working with other groups.  Yet, this time she agrees with the use of this clip of her interview for our website.

st_04参加してる人たちの知識もレベルも全然違うんです

インタビュー:Kさん(2016年1月22日実施)
Kさんは他のグループに参加する等精力的に活動される一方で、ママの会@調布を立ち上げました。調布市は安保法制に「賛成」を表明する自治体の一つです。必ずしもその方針に納得していない地元の人々を代表するという目的で、ママの会を作るに至ったそうです。枠組みにとらわれず活動を続けるKさんに、@東京という大きい組織と、ローカルな@調布のそれぞれの存在意義を聞きました。
K san is a promoter of Mothers Against War@Chofu, while she also participates in activities with other groups and has her own project. Knowing Chofu city is one of the cities that give support to the Anpo bill, she decided to establish a Mothers Against War branch there.   She wants to represent the people who do not neccesarily agree with the city's policies. As a member of multiple groups, she explained the respective meaning of having a relatively lager branch, @Tokyo, and a very local one, @Chofu.