大西 旦 / Akira Onishi #1

大西:積極的な反対ということではなかったけれども、たまたまその友達が東北にいたっていうのが、しかもその彼が住んでいるところの線量が非常に高い。それは決していいはずはないんですね。それをとにかく、僕はどこかで彼の役に立つど…