土屋 トカチ / Tokachi Tsuchiya #1

「労働運動の最初の第一歩」

――最初から土屋さん自身、労働問題というか、その権利に関心を持たれていたのですか

土屋:いや、あのね、自分がクビになるまで、労働組合に。労働組合っ­ていう存在はもちろん知っているし、大学で労働法の講座も取っていたので、労働法って­いうのはあるとは分かっていたけど、自分で個人加盟できる労働組合の存在っていうのは、­自分自身が自分の職場でクビになりそうになるまでよく知らなかったですね、正直。

――その時のお仕事は映像に関わる、、、

土屋:映像作る仕事にいました。あの、インターネットで動画配信する会社で。そ­こで、えーとディレクターの仕事をしていて、2年ほどしたんだけど、業績が悪いと。で、営業以­外とウェブチーム何人か以外は、全員フリーランスになってくれと言われて。いや、聞こえ­がいいじゃないですか、フリーランスって。だけどこれ、実質クビだろうと思って、じゃどうしようかなと、悩んだんですわ。そん時にやっぱ良からぬ事ばっか考えるんですね。社長の家知って­たんで、社長の家に火つけようとか。思うだけですよ、やりませんけど。なんか子ど­も痛めつけてやろうかとかいろいろ思うわけですよ、良からぬ事ばっかりね。だけど、そ­の悶々としている時に、いやあの、ここのスタッフのひとりでもあるんだけど、そういう­時は労働組合がいちばん、あのーなんていうかな、物事を変えられると、良い方向に変えれるから­、相談してみたらと言われたのが僕にとっての労働運動の最初、第一歩というか。うん、­それまでこうやって使うんだってよく分かんなかったんですよ。で、実際に半年くらい­交渉して、ある程度納得いける解決が出来たのでやめたんだけど、いやこれすごいんじゃない­かと。労働組合の考え方っていうのはすごいなと。ただの法律論だけじゃなくて、人間同士­で助け合ってそこの職場の環境を良くしていったり、問題が起きたら話し合いで解決してい­く。基本的に話し合いで解決していくので、当たり前の事だなと。それがなくしていて、まあ泣­き寝入りするとか、まあ自分が我慢すればいいとか、思う事がまず間違っていたんだなっ­て、すごい自分自身、なんかこれまでの人生を反省させられる時でもあったんですね。もちろ­ん自分がクビになるって、個人的にひどいことだし、しんどいことでもあるんだけ­ど、だけどそうやって皆の力を使って、あのー自分たちが持ってる権利を使って変えていくことができるって、すごいいい経験だったんですよ。それがまあ今に繋がってるのかなって感じ­はします。あの、観ていただいた映画にも繋がってるし、こういうレイバーネットTVって活動­してる事にも繋がっているのかなという感じはしますね。


“The first step of my labor rights movement”

―How did you become aware of labor rights?

Tsuchiya: Um, after getting fired. I knew about labor unions and I took lectures about labor laws in university, so I knew about labor laws. But, honestly, I didn’t exactly know about unions that allowed individual entry before getting fired.

―Was that job also related to filming?

Tsuchiya: Yes, it was a company that streamed online videos. I worked two years as a director but they said the company was seeing poor results. So the company asked all of us except few to become freelances. Becoming freelance sounds good but actually they were firing us. I became worried what I should do. A lot of evil thoughts came into my mind like putting fire on president’s house or hurt his children, though of course I won’t do such things. But I met this man, who is a staff here, when I was feeling stressed and advised me to talk to labor union because they could change to better ways. This was the first step of my labor rights movement. I was not quite sure how I would use it before. I realized that their potential after half a year of negotiation and ended with mutual consent with the company. I was amazed by the union’s way of thinking. It’s not just about using laws, but it’s about helping each other to improve the labor environment and trying to resolve through discussion. Basically they would discuss to resolve the matter, that’s normal but without it I would have let the matter drop, or I would have just endured. I realized that it’s wrong to think such way and given me an opportunity to reflect my past conducts. Of course getting fired from a job is stressful but I had valuable experience making changes by realizing my rights and being helped by others. I feel that this experience has created who I am today. There is a relation to the movie (about labor rights he filmed) you saw and Labornet TV’s activity.