土屋 トカチ / Tokachi Tsuchiya #2

「何が起こっているのか知りたい」

土屋:暗い話ばっかりしているように見えるけど、そうじゃなくて、働いている人の­労働環境とか権利とか守られないと、結局サービスを受けてる側がしわ寄せがいくと我々­は思っているし、原発事故もそうだったはずなんですよ。いい加減な、バンバンバンバン­安全でないものを安全と言い続けて54機もつくったのが現状なわけで、こんな事故が起­こった中で全然責任を取ろうとしないのが、みなさんを取材してきた通りだと思うんです­よね。それは労働問題でも同じなんですよね。だからこそ、レイバーネットTVという名­前だけども、原発事故以降は原発のこともとりあげている。だけど、労働者の目線は失わ­ないようにって感じで番組を考えていますね。ですから、以前、だいぶ前だけど、かつて­福井の若狭湾のほうにもたくさん原発があるんだけど、あそこで作業していた方に話を聞­いたりだとか、福島の除染の作業をしている方に話を聞いたりとかはしていますね。

――3.11後で一番伝えたかったこと、レイバーネットTVから発信したことってな­んですか?

土屋:さっきお話しした事故の直後の放送は我々もなにが起こっているのかわかんな­い状況だったじゃないですか、ただちに被害はないというなにが­起こっているのかわかんなかったので、何が起こっているのか知りたいなとういうのが放­送の一番根幹だったと思うし、それは今もあんまり変わってないと思うし、除染作業で働­いている人がめちゃくちゃな目に合ってるとか、ちゃんともらえるべき物がもらえてない­とか報酬としてもらえてないんだったら、そのことはちゃんと明確にしていきたいなって­思うし、できるだけ当事者の方にしゃべっていただきたいなって思うし、だからあんまり­偉い評論家の人とか来ないんですよ。たまに来る時もあるけど、なるべく当事者の方に来­てほしい、福島の事故に関してもね、そういうのは大事にしているのかなっていうのはあ­ります。


“What was actually happening”

Tsuchiya: It seems like we only talk about depressing things, but it’s not like that. Without the protection of worker’s rights, it would negatively affect to the people who receive the services. This can be said the same about nuclear accident. They were promoting things unsafe safe and created 54 plants until today. And, as you might have seen, they are not taking any responsibility after the accident. This is an identical situation with labor issues. That’s why we report on this issue although our organization is called Labornet TV. But we have in mind not to forget the viewpoint of workers. So we interview workers who do decontamination work at nuclear plants in Wakasa-bay, Fukui.

―What kind of issues did Labornet TV wanted to send out the most?

Tsuchiya: We couldn’t know what was happening after the accident; they said there was no immediate harm. So our stream was basically about trying to understand what was actually happening. This attitude has not changed today. We wanted to make clear if the workers are treated badly, or if people are not receiving what they deserved. We want actual party to talk for us, so there are not many critics on our stream. This is the kind of idea that we prior, including the issues related to Fukushima.