土屋 トカチ / Tokachi Tsuchiya #4

「労­働文化運動をやりたい」

――それって海外との違いはなんでだと思いますかね。その日本では少ないというか…

土屋:なんだろうね。わからない。労働運動の活動家の中では、ウェブとかメールとか絶対使わ­ない人とかいるからね。これは機械による合理化だから資本主義の手先だから使わないっ­ていう人が本当にいるんですよ。びっくりする話なんだけど、話についていけないんだけ­ど。それで使わないっていう人達もいますから。

――そういう人達は現場に駆けつけてとかで…?

土屋:駆けつけてるのかわかんないんだよね。読みにくい長い文章送られてくるだけで、そうい­うのはお金持ちばっかりになっちゃうけど。それも大事かもしれないんだけど、僕らは労­働文化運動をやりたいわけなんですよ。そしてかつてその労働文化運動で歌を歌ったり、­踊ったりっていうのはたくさん日本にもあったらしい。そしてだんだんそういうの(歌っ­たり踊ったり)が削られていったと伺ってるんですよね。隣の国の韓国とか行くと、歌と­か踊りとかすごくたくさんあるのね。その労働運動の現場で歌ったり踊ったりとか。人間­真面目なことばっかやっててもつまらないじゃないですか。楽しみがないとしんどいし、­歌とかおどりとかとても大事だったりするんですよね。その踊りの中に労働運動に関する­メッセージが織り込まれていたりするので、とても意味があるんですよね。ジョーニーさ­んみたいに、この間見ていただいたみたいに、ああいった替え歌とかで歌う文化も日本に­はかつてあったし。だけどそれもどんどん削られたっていうのもあるので。だけどそうい­う古い形で掘り起こすのではなく、自分たちのできることで掘り返そうっていうレベルの­定理は目的としてありますね。


“Cultural labor movement”

―What is the difference between the foreign media? Why do you feel that there is less information in Japan?

Tsuchiya: Well, I am not sure. There are labor right activists who won’t use website and emails. It’s surprising that they say using that would mean approving capitalist.

―So does that mean those people physically go and participate?

Tsuchiya: I don’t know if they actually participate. They, particularly the rich ones, send us long letter that is hard to read. Though these things may be important, we want to bring cultural labor movement. Japan used to sing and dance in those movements. And I heard that those types of movement decreased gradually. Neighboring countries like Korea still sing and dance a lot as a mean to protest. You know, it’s boring if we just simply miss out all the joy, singing and dancing. These are important aspects. It’s very meaningful because a dance can be embedded with a message concerned about labor rights. For example, Johnny’s parody of the songs used to be part of Japanese culture though it decreased. We aim to bring such culture back to life using our own ways and not simply as it were.