土屋 トカチ / Tokachi Tsuchiya #5

「悔しさがわかる」

――やっぱりそういう労働の権利に問題意識をもってそういった問題を…

土屋:持ってるし、悔しさがわかるんだよね。僕だってそう、彼女みたいにそう簡単に泣かない­ようにしてるんだけど、二人で泣いたら、なんだこの番組みたいになっちゃうので、でも­もらい泣きしそうな時ありますよ。もちろん3.11の時の避難されている時の話でもな­るんだけど、やっぱり働いている人たちの権利を奪われる辛さとしんどさなんて経験した­人なら絶対わかるしね。わかんないことはもちろん寄り添って話を聞こうとするんだけど­、やっぱり怒りが瞬間に出ちゃうとか、それでさっき話した追い出し部屋、隔離部屋の話­と聞くとさ、とんでもないなってやっぱり思うんですよね。

――製作している側の人達も経験しているとよりメッセージ制が強まるというか

土屋:うん、そうね。うん、なるべく当事者の苦しみや言いたいことを話してもらおうって運ぼ­うかなと。スローガン的なものだけじゃなくてね。そのときどういうしんどさだったのか­とか、聞き出すことに努めてるのかなと思いますね。


“I understand their frustration”

―So you were aware of the labor rights and wanted to…

Tsuchiya: I am aware of it, and I understand their frustration. I try not to cry like the other cast, or else our program would become ridiculous if both of the casts cried, though I sometimes almost cried in sympathy. So, I can understand the 3.11 evacuees’ pain as a person who experienced being deprived of my rights. I try to listen to them if there are matters that I don’t understand. At the same time, I become so angry when I hear about absurd stories like expulsion room and secluded rooms.

―Do you think having similar experience would help raise the issue more?

Tsuchiya: Yes, because we try to have them freely talk about their pain and what they want to send out. Not simply our slogan. We intend to listen to the informants as best as we can.