前田 康雄/ Yasuo Maeda #3

前田:デモ、あー何?ちょっとやっぱり、今も、今は、まあちょっと前2012年6月からずっと2013年もそうかな、やっぱりデモって人が集まらないと圧力にならないわけですよ、パワーにならないわけ。1番最初の4万であるとか、そのあとの代々木とか、あと20万が集まった時とか、であの時思ったのは20万分の1でもいい。20万分の1の力でもいいって思った。だからみんなが結集してその大きな力で、。。。。。を動かしているかもしれない。その20万分の1、あるいはもっと大きくなると100万分の1になれればいいと思っていたのがデモです。あとはやっぱり思ったのは、デモってすごい大変で、やってきて、見る顔も増えてきて、やはりそうすると一つはこうそのデモとか抗議活動をつなげていくひとつの集まりになっている面もある。


Maeda: Demo doesn’t have that much of an effect and become pressure if there’s not many people. The first time was 40,000 and 200,000 in the summer of 2012 and I wanted to be the one out of 200,000. Everyone comes together and create a bigger power. If I could be even one out of 1,000,000 then that’s okay too. Also if you continue to go to demo, you’ll see familiar faces and make connections which will keep you in the movement.