前田 康雄 / Yasuo Maeda #5

前田:なんかこういろいろデモっていうのはああじゃないかこうじゃないかとかあの、自分はちょっとねっていうんじゃなくて、とにかくね、原発よくないなってあるいは秘密保護法もそうだし、あとはね集団的自衛権とかもそうだし、ああいうのも、まあ反対だなって声をあげたいなって思ったらやっぱり来てもらう、参加してもらう、特にそういった点では特にあそこの国会議事堂のあそこのところっていのは、この前来てもらったからわかると思うけど絵書いているやつもいるし、踊っているやつもいるし、僕らみたいにきよしろうさん歌っているやつもいるし、。。。。だからそこはいろんな表現、座っているだけでもいいし、いいと思いますよ。隣のあのね、かわいい子たちがゲリラカフェっていうのをやっていますけど、いろんな形がある。そういうので意見をかわしていくっていうことが大事だと思う。いろんな情報がありますす。そこに座らなきゃいけないっていうのは絶対にないので。


Maeda: Some people might think demo isn’t for them, but I think if you are against nuclear power or the secret protection law, or collective self-defense, you should come here and raise voice. Especially at the area I do the candles, there are people dancing, singing, and lots of other kinds of way to express you know. You could just sit there too. Also there are ladies who does guerrilla cafe next to us. So there are many forms. And it is important to exchange opinions have acquire information you know. There’s no obligation in what to do.