木村 結 / Yui Kimura #1

Voices Rising from Tokyo

「全世界、無関心ではいられない」

木村:命のために原発を止めること。それ以外ないですね。だから命のためというのが一番。私たちは本当に地球に生かされてるわけですし、この地球を少しでも汚さないように次の世代にバトンタッチしなければいけないのに、今のこの私たちの世代でものすごくもう破壊しつくしてるわけですよね。資源を掘りつくして、で放射能をまき散らして、もう戦争でも劣化ウラン弾とかね、うーん。それをやはり、今食い止めなければいけない。それが私たちの使命だと思っています。

――いつごろからそういう思いをもっていたのですか?

木村:そうですね、原発に関心をもったのはチェルノブイリの事故ですね。あの、小さい子供が一人おりましたので、この子の食べ物をなんとか安全な物をと思って、まあ中野に住んでましたから、中野で放射能測定室を作る活動を立ち上げて、で、実施を買ってもらったら今度は保育園とか学校とかの給食を全部測ってもらったり、あと私たちが輸入食品とかを買って、それを検査に持ちこんで、その数値を公表したりとか、まあそういう活動をしてたんですね。でもそのときに知ったのは、なんと37機もすでに日本には原発があるという、そういう事実だった。だれも許可してないのに、私たちはだれもOKなんかしてないのに、地元の人たちの承諾だけで、もうバンバン作ってるわけですよね。もちろん、あの、地元の人たちが強力にがんばってストップした原発もたくさんあるんですけどね。でそのやっぱり37機も作ってしまったことで、放射能を現実まき散らしてるわけですよね。温排水もそうですよね。環境に、放射能にこう閾値なんていうのはね、ここまで浴びてもいいよなんていうね、そういう閾値なんかないのにも関わらずまき散らしているのも、国策だからって言ってみんな黙っている。でも事故いったん起きたら、チェルノブイリは8000キロも離れているところから日本に放射能が降ってきた。日本のお茶も汚染されたんですよね。だからもう全世界、無関心ではいられない、と思って。


“no one in the world can be ignorant”

Kimura: We need to stop nuclear power plants to save our lives. There is nothing but this reason. The first reason is for our lives; we can only live because of earth and though we should at least try not to dirty the earth for the next generation. But our generation has already destroyed completely. Resources are drained; radiation is spread, and used for wars. So we need to stop this. I believe this is our mission.

―When did you started to have such belief?

Kimura: Um, I became aware of nuclear energy when Chernobyl accident happened. I had a small child at that time, so I thought of giving her food that is safe from radiation. I lived in Nakano so I started an activity to make radiation measurement room at Nakano. Also we bought import food to measure and report the result to public. I did various activities like that. But I learned that Japan already had 37 plants at that time. They plants were constructed continuously with just local’s consent and without everybody’s consent. The fact that there are 37 plants has caused the spread of radiation every day. This is same as contaminated water. There is no radiation threshold in the environment. Although there is no such thing that says we can be exposed to this much amount of radiation, people are silent about this because it is national policy. Japan was affected by Chernobyl accident, which is 8000km away from Japan. Japanese tea was contaminated. So no one in the world can be ignorant about this issue.