木村 結 / Yui Kimura #2

「できないと思ったら本当にできないわけ」

木村:わたしってもともと小さいころから母がすごく映画好きでフランス映画をたくさん見ていたんですよ。おばあちゃんとはチャンバラばかり見ていたんですけど。あの、ジャンヌダルクにあこがれている部分があって、日本には百姓一揆というのがあることを小さいころから知ってたのね。で、なんで民衆は戦わないんだろうってずっと思ってたの。みんな戦って民主主義を手に入れたり昔のひとたちは生きるために戦ってきたのに、なんで今はこの昭和のひとたちは…家には木の囲炉裏があったの。で、そこで近所の人たちが集まって、そこでお酒を飲むのね。で、政治のこととかいろんなことをね愚痴をこぼすんだけど、あれをしようとか、あれを解決するためにこれをしようとかそういう会話というのがほとんど聞いたことがなくて。だから、なんでこの人たちは文句ばっかり言ってるんだろうって自分で道をなんで切り開かないんだろうって。革命を起こせばいいのにと単純に思ってたのね。だから、やっぱり原発がだめだ。これは日本には37機もある。どうにかしなきゃいけないと思ったら、私がすればいいんだ。私が動けばいいんだ、っていう。お願いね、って人に頼む気持ちはまったくないのね。できないことは山ほどあるけど、できないと思ったら本当にできないわけで。できないかもしれないんだけどがんばる。それは当たり前だと思っています。だから、大学のときも百姓一揆の研究をしていて。で、周りに父なんかは今時そんな戦う民衆なんか日本には生き残ってないわけだから、そんなこと研究したってなんの役にも立たないよと言ってましたね。


“Turning doable things not doable”

Kimura: I used to love and watch many French movies when I was little. Though I was watching a lot of sword fighting TV shows with my grandmother. I longed for Jeanne d’Arc and also learned about peasant uprising. And I always wondered why people were not fighting. The people in the past fought for democracy and achieved it, and people fought to survive. So I wondered why people in Showa era were not fighting… There used to be wooden hearth in my house. The neighbors would gather there and drink. And grumbled about politics but I’ve rarely heard them discuss what they could do or how they could solve the problems. I wondered why they always complained and did not try to make their own ways. I simply thought they should start a revolution. So when I realize the fact that nuclear energy is bad, 37 plants are built, and the need to do something, I thought I could do something about it. I should make a movement. I never thought for others to do that for me. There are pile of things one cannot do but the thought of that will actually turn doable things not doable. I try regardless of whether it is doable. I believe this is natural. That’s why I studied peasant revolt. But some people like my father would say that my study is useless because such fighters have died long ago.