亀屋 幸子 / Yukiko Kameya #2

――ここがもしなくなったりしたときってのは想像できますか

亀屋:それ言われたらかなしくなっちゃう、おばちゃんのいくとこなくなっちゃうの、そのときはそのときで考えるけど、私の心の中で絶対負けない絶対負けないがんばるぞっていう気持ちが強いですよ。ここがなくなったら顔あわせるひともいなくなっちゃうし、それがいちばんつらいです、絶対頑張るからお姉さんたちも応援してね。


―Can you imagine when the tent would be taken away?

Kameya: I become sad if you say so. I will lose the place I belong to. I will think about it when the time comes, but I have a strong feeling to win. If the tent disappeared, I would have no one to say hi. It will be the hardest thing. I promise that I will do my best so you two (interviewers) please support me.